脱毛サロン 勧誘

MENU

脱毛サロンやエステの怖さ

中学、高校生の頃から膝下のムダ毛の処理に悩んでいました。カミソリで剃っても、すぐにチクチクした毛が生えてきてしまうし、何度も剃ると余計に濃くなるような気がしました。また、元々肌が弱かったので冬はカサカサしてしまい大変でした。

 

肌が白いので、ムダ毛が目立ってしまうのではないかと心配になりました。周りの友人達で、脱毛器を購入した人がいたので、自分も試してみましたが、肌に当てた瞬間にムダ毛が勢いよく抜かれていき、あまりの痛さに使うのを辞めてしまいました。

 

肌も赤くなってしまったので、自分には向いていないなと実感しました。社会人になってから、街中で脱毛サロンの勧誘を受け、気になっていたので始めてみることにしました。最初は、効果があるのか不安だったので、膝下と脇の下だけにしましたが、実際に施術が始まるにつれて、他のパーツも脱毛した方が良いと勧められるようになりました。

 

正直、あまり脱毛の効果は期待していたよりも見られなかったので、追加の脱毛を断るとスタッフの人は態度が豹変し、強く勧誘してくるようになりました。悪質な勧誘の仕方だと思い、担当スタッフを変えてもらいました。脱毛サロンやエステサロンが沢山ある中で、もっと口コミや情報収集してから脱毛すれば良かったと後悔しています。

脱毛サロンの落とし穴

毛深いタイプだった私は、幼い頃から毛がコンプレックスでした。こまめに処理はしていたものの、繰り返す処理に黒ずみやポツポツが次第に増え、剃っても完全にツルツルで目立たない肌にはなりませんでした。

 

社会人になり、貯金を貯め、サロンに脱毛しに行きました。脱毛すれば悩みはなくなると思っていた私は、その値段と、何度も通わないといけないということにびっくりしましたが、綺麗になるならと通い始めました。

 

通い始めると、急激な変化はなく、効果があるのかな?と心配になることもありました。数回繰り返すと少しずつ効果を感じるようになりました。しかし、有名サロンだったからか段々と予約を取るのが難しくなっていきました。

 

仕事の合間に通う私は夜か週末しか通えず、その時間は特に混んでいて、1ヶ月に1回ペースの予定が2?3ヶ月開いてしまうこともありました。そうなると、効果をなかなか感じられません。段々と、あんなお金払ったのにという気持ちと、通うこと、必死に予約を取り、キャンセル待ちをするめんどくささが増してきて、通うのが億劫になって行きました。

 

効果を感じられないままなんとなく通ってる途中で妊娠して、脱毛は一旦中断になりました。産後の大変さもありますが、効果を感じられないサロンに通う意味がわからなくなり、サロンには通わなくなりました。

 

今では自分で処理をしていますが、これが一番経済的で効果もあるのかなと思うようになりました。

脱毛は肌を傷つける作業なので、できればしたくない気持ちが大きいです。

どうしても脱毛しなくてはいけない箇所は脇と足、そしてVラインです。

 

かつては電化製品で「脱毛器」が販売され、2万円ほどで購入したことがありました。これも一本一本を処理していくのだけど、お金を出したからといって、「これでもう、痛い思いをしなくてもよい!」と思ったのは早とちりでした。口コミとはちょっと違って、やっぱり自分で抜くのは痛い、ということを悟ったのでした。今でも「新発売!」の電気脱毛器に魅かれはするものの、

 

「どうせ・・」という過去の記憶から、購入には至りません。

 

脇は痛くても我慢して抜くか、お風呂で剃るかのどちらかにしているのですが、脇は何故か、一本抜き出すと面白いように抜いていけるので、時間はかかりますが、比較的楽なのです。鏡を見ながらの作業になりますが、綺麗になっていくと次第に痛みがを感じることがなくなり、ついにはちょっとした痛みすら、快感を感じます。ちょっと変態になった気分です。脚は一本ごとに

 

「ひっ!!」と声をあげながらの作業になります。脇と違って、そのまま人の目に触れるので、剃るのは無しにしています。

 

脱毛は、その綺麗になった直後はよいのですが、やはり皮膚を刃物で傷つけたり、負担をかける作業なので、お風呂に浸かったりすると痛みを感じます。なるべくならしたくないな、と毎回思ってしまうのでした。